4つの指標と環境設定で狙い撃つ、的中率40%の馬券術
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
●にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラム
●人気競馬ブログランキング
●競馬サーチ.com
●穴サイトJAPAN
●高精度な指数 競馬インジケータ
●競馬予想D

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
環境設定の使い方
秋競馬の開幕以降、レギュラー更新となりました「環境設定」♪(´ε` )
前日(前週/前年週)の1着馬が、同距離/短縮/延長/トラック変更/90日以上の休み明け、いずれの臨戦過程だったかをまとめただけのモノですが(笑)
これが簡単ながら、結構な武器になっています。
以前は血統傾向を用いていましたが、労力の割に報われず(汗)
そんなに差が出ないと言うか、結局サンデーかミスプロになると言うべきか(笑)



現在の競馬は、馬場レベルの均質良化で「同距離/延長」馬の優勢が通常です。
逆を云えば…
「同距離/延長」馬は、軽い馬場向きなのですね。
環境設定が「同延○」ならば、現在のトラックは軽い状態だよね?
これが基本的な解釈です。
故に、臨戦過程が「短縮」でも、戦績的に延長適性や高速戦適性が明らかならば、やはり有力馬とみなします。


ならば「短縮○」は?
ハイ(*´ω`*)
馬場悪化でパワーが必要な環境、ということですね。
そして…
この「同延○」⇔「短縮○」の関係性で考えると、「変更○」と「休明○」の意味も明らかになります。


「ダート→芝」の変更は、パワーをアドバンテージに出来ます。
つまり、「短縮○」環境にハマリやすい。
逆に「芝→ダート」の変更は、スピードにアドバンテージがあり、「同延○」環境向きですね。


「90日以上休明」馬は、心身のリフレッシュと「ぼんやり感」を併せ持っています。
だから、「短縮○」環境の忙しさは向かず、ゆったりと体力を生かせる「同延○」環境の方が好走しやすいのです。



※1day1click(^-^)b
●にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラム
JUGEMテーマ:競馬


08:00 競馬よもやま comments(0)
スポンサーサイト
08:00 - -
comment

message :